癸巳年(みずのとみどし)の開運

    沈着冷静を念頭に、良い年をお過し下さい!


                                 箱根神社 宮 司 小 澤 修 二

 あけましておめでとうございます。

 平成25年の新春を迎え皇室の弥栄 国家の安泰と国民の清福を祈念申し上げます。

 今年は「癸巳」の年。「癸」は、陰性の「水」を示し、水・大雨・知慧・思考・波乱・忍苦等の意味を持ち、「巳」は、陰性の「火」を示し、火・熱心に物事に当る・執着・嫉妬心等の意味をもって、一年間作用して参ります

 「癸」の水は、特に「沈着・冷静」を本質とし、静かな時は器におさまり、沈思黙考の形勢を示していますが、一旦他からの衝撃による状況の急変が起きると、一気に行動性を爆発させて激しく荒れ狂い、すさまじい破壊力の発揮に至ることもあります。

 「巳」は、火を示していますので、火の激しく燃え上る性から、物事に熱心に取組むという特徴を持ちますので、この面が大いに活用され、昨年の山中伸弥教授の「IPS細胞」のように、画期的な発見、創造がなされる期待が大いにあります。反面、心が執着や嫉妬などに動くと、「猜疑心」や「ねたみ」など、人間関係に悪影響を及ぼす作用が表れて来ますので、常に注意が必要です。

 「癸巳」の気に導かれる本年の基本は、常に「沈着・冷静」を念頭において着実に進むことです。静かに深く考え、すべての物事に慎重に行動して、どんな苦労にも耐える心が必要です。その心によって、何事もどんな難しい状態になろうと、適確な判断の下に有利に展開させて行くことが可能となるでしょう。今年の前半は、運気の停滞による様々な困難が予想され、忍苦の生活を味わう方が少なくないと思われますが、後半は運気が上昇して、十一、十二月に最も盛んな時期を迎えますので、皆様には焦ることなくゆっくりと希望の達成をめざしての精進・精励をお願い致します。

 初詣にお参りの皆様には、箱根大神様、九頭龍様の大きな御加護のもと、「沈着・冷静」を念頭に精進・精励され、新しき年をより素晴らしい年となされますよう、衷心より祈念申し上げます           宮 司 敬 白


◇初詣情報は、ホームページに掲載されています。こちらからご覧下さい
(トップ頁の「初詣情報」をクリックして下さい)