*型を修めて行くなかで、心も整います。しっかり身に着けましょう。
手 水 の 作 法
神様の前に出る時に、いっそうの清浄を期するために、手水を取ります。心身を清めて諸々の穢れを落す手水は、禊 みそぎと同じ意味を持つものです。
手水舎の水をたたえた水盤にある「洗心」という文字は、「身を清めることで心も洗う」という手水の精神 こころを現しています。
自分一人で行なう時の作法
先ず、ハンカチを取り出して、後で使いやすいように、ポケットに掛けるか、台があればその上に置きます。 次に、右手で柄杓を取り、清水を汲んで、左手にかけて、左手を清めます。 次に、柄杓を左手に持ち替えて、同じように右手を清めます。
再び、柄杓を右手に持ち替えて左の手のひらに水を受けて、 口に運んで含み、 口をすすぎます。
水を口に含む時、柄杓に直接口をつけてはいけません。
水は、受けた左手で口に運びます。
途中で清水が足りなくなった場合は、適宜汲んで追加して下さい。基本は、汲んだ清水を三度に分けて使います。
口をすすぎ終えたら、使った左手に水を流して清めます。 最後に、柄杓を立てて、残った水を流して柄を洗い、柄杓置きに伏せて返します。 予め用意しておいたハンカチで口と手を拭いて手水をおさめます。
手水所役がついている時の作法
一礼をしてて水の前に進み、先ず、両手を洗って清めます。 次に、両手のひらで清水を受けて、 口に運んで含み、
口をすすぎます。
手水所役の作法
再び、両手を洗って清めます。 こういう場合は、拭紙が用意されていますので、受け取って濡れた口と手を拭きます。 そそぐ場合の柄杓の持ち方は、右手が前になります。汲んだ清水は、三度に分けて注ぎますが、注いだらじゃまにならないように、その都度柄杓を引きます。
参 拝 作 法(お参りと玉串奉奠)
神社・神棚の前でのお参り
御神前に進んだら、まず深いおじぎをします。
それから、二拝(にはい) 二拍手(にはくしゅ) 一拝(いっぱい)の作法で、お参りします。
二 拝  背中を平に、90度に腰を折り、頭を下げます。
      これを2回繰返します。

二拍手  両手を胸の高さで合わせ、拍手を2回
      打ちます。(その後、両手を合わせ祈念します)
      祈念の後、両手をおろし、

一 拝  最初と同じように拝を1回行います。
      お参りの後、深いおじぎをしてから、
      御神前を下がります。

     

もう一度参拝作法アニメを見る(クリックして下さい)
御祈祷・結婚式・地鎮祭等での玉串奉奠
*玉串奉奠は、祭場によって座って行なう場合と、立って行なう場合がありますが、
どちらも同じ作法です。ここでは、座って行なう玉串奉奠を説明します。

玉串を受け取る時には、右手で、本の方を上から取り、左手で、先の方を下から支え胸の高さで持ちます。

そのまま御神前の案の前に進みます。

案の前に進んだら、玉串を持ったまま深いおじぎをします。
玉串を立て、左手を下げて、

玉串のもとを両手で持って、
感謝と祈願を籠めます。
右手で玉串の中程を下からささえて、
右手を中心として時計廻りにに180度廻し、

玉串のもとを御神前に向けます。

左手を下げて右手の下に添え、

両手で案の上に奉奠します。

二拝(にはい) 二拍手(にはくしゅ) 一拝(いっぱい)の作法で、お参りします。
二 拝 背中を平に、90度に腰を折り、

頭を下げてお参りします。

これを2度繰返します。

両手を胸の高さで合わせ、
右手を少し引いて

拍手(かしわで)を2回打ちます。

拍手の後、
両手を合わせ祈念します。

祈念の後、両手をおろして、

二拍手



一 拝 最初と同じようにもう1度拝を行います。
お参りの後、

深いおじぎをしてから、御神前を下がります。

直会(なおらい)の作法
直会の意味は、神様からのおさがりをいただいて、御神徳を身に受けるのと同時に、お祭りの参列奉仕(お祓いで清められた心身で奉仕する神聖な聖域での活動)から、日常生活に戻るための儀式、このふたつの意味があります。きちんとした作法でいただいて、より大きな御神徳をいただきましょう。
御神酒での直会 カワラケをすすめられたら、拍手を1回打って受取ります。
御神酒をいただき、カワラケを返した後で拍手を1回打ちます。
この拍手は、礼手(らいしゅ)といって神様への感謝の心を込めて行ないます。
幸福飴での直会 当神社では、御神酒に替えて幸福飴(しあわせあめ)をおさがりとして差し上げております。幸飴と福飴を直会としてお召し上がりになって、御神徳を心身にお受け下さい。
礼手をしていただきましょう。

当ホームページの写真・イラスト・記事の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2007 hakonejinja.All rights reserved.