九頭龍神社 本宮

鎮座地 箱根町元箱根防ケ沢(箱根樹木園内)

御祭神 九頭龍大神

例  祭 6 月13日(月次祭のご案内の中から、H19年以降の月次祭・例祭の様子がご覧いただけます

月次祭 毎月13日

当神社は、芦ノ湖の九頭龍伝説を今に伝える龍神信仰の聖地であり、社前の湖には奈良時代に箱根権現を建立した萬巻上人と、九頭龍大神ゆかりの祭場をひかえています。この伝説を今に再現する龍神湖水の神事 まつりが毎年6月13日の例祭に、また毎月13日の月次祭に崇敬者が参集して厳かに斎行されています。

神社の由来は、社傳によると
「西汀に驛路有り。毒龍は波を凌ぎ、雲を拏(とら)ふ。人民は多く損害免れず。萬巻は彼の深潭(しんたん)に臨んで石臺(せきだい)を築きて祷らせしむ。爾に毒龍は形を改め、寳珠并に錫杖(しゃくじょう)水瓶を捧げて乞ひて受降を要す。」(箱根山縁起并序)とあります。

その昔、人民に被害を与えていた毒龍に対し、萬巻上人が湖中に石壇を築いて調伏の祈祷を行ったところ、毒龍 は形を改め、寳珠并に錫杖を捧げて帰依し、龍神となりました。今では、多くの人々に開運隆盛はもとより金運守護、商売繁盛、縁結びの龍神様として崇められています。

◇龍神水について・・・龍神水は、九頭龍神社新宮でお汲み下さい。
            (龍神水はこちらをクリックしてご覧下さい

白 龍 神 社 

鎮座地 箱根町元箱根和田ノ角(箱根樹木園内)

御祭神 白龍大神

例  祭 6月13日

白い鳥居がある当神社は、御祭神・白龍(はくりゅう)大神をお祀りする社で、九頭龍神社本宮に程近い湖岸の森に鎮座しています。

「白龍」とは、その昔、箱根権現でお祀りされていた「白和龍王(しろわりゅうおう」の名を略したもので、例祭は、毎年6月13日、九頭龍神社本宮の例祭に引き続いて行われています。

社傳によると、白和龍王は、江戸時代末まで左鵲王(さじゃくおう)と右鵲王(うじゃくおう)と呼ばれる神々と共に箱根権現でお祀りされていた龍神と伝えられています。(『筥根山神道口訣』はこねやましんとうくけつ)

弁 財 天 社

鎮座地 九頭龍神社本宮境内

御祭神 市杵島姫命

例  祭 6月13日

奈良朝の昔、箱根山霊場の一つ堂ヶ島に天女が降臨され、弁天様と習合して、鎮祭されました。

爾来、近世に至るまで此の地で祭祀が斎行されてきました。明治維新いらい新政府の指導により、神仏分離、境内地の上地等(国有地化)が行われ、堂ヶ島は箱根離宮となり、参拝が難しくなりました。加えて昭和5年、豆相地震により御社殿も箱根離宮も倒壊しましたが、再建されませんでした。

戦後、国の手を離れ、神奈川県が管掌する恩賜箱根公園となり、弁天様は箱根神社に遷されましたが、昭和39年、本宮が移設、鎮祭されたのを契機に弁財天社も勧請奉斎されました。

爾来、龍神との関わり深い弁天様として、龍神の祭りに併せて祭祀が行われてきましたが、平成庚辰の年箱根神社境内に龍神の御分霊を祀る新宮が建立されたのを機に、この御社殿を修復して、報恩反始の祭祀を執り行うことになったものです。


当ホームページの写真・イラスト・記事の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2007 hakonejinja.All rights reserved.